役職序列一覧

一般的に会社は組織は完全なる縦社会です。これは責任や権限の範囲を区別するためには、どうしても必要なこと。社内では「山田課長」「林専務」など、名前と役職名で上司を呼ぶのが一般的ですよね。役職を間違えるのは、名前を呼び間違えることと同じように、大変失礼にあたります。役職の上下関係を覚え、状況に合せて適切な態度をとるように心がけましょう。

スポンサードリンク

広告PR

ビジネス,マナー,基本,ほうれんそう,報告,連絡,相談


こんな場合はどうやって呼ぶ? 役職名に関する疑問スッキリ!

ビジネス,マナー,基本,ほうれんそう,報告,連絡,相談

例えば、取引先の課長さんを呼ぶとき。名前だけで「●●さま」とお呼びするのも間違いではありませんが、なるべく「●●課長」や「●●部長」など、姓と役職名を付けて呼ぶようにしましょう。間違っても「●●さん」と呼ぶことのないように注意する必要があります。

仕事が終わり、プライベートの時間、外で課長や部長に出会ったときに何と呼び合うかは、きちんと上司と話し合う必要があります。例えば、プライベートの時間に「部長」と呼ばれると、周囲の人の目が気になるときもありますよね。大抵の場合は会社にいるときと同様に、「●●部長」と呼びますが、コミュニケーションが取れる相手ならば「●●さん」と呼ぶことを許してくれる場合も多いと思います。

同僚が出世して、上司になった場合でも、社内では役職名を付けて呼ぶのが基本です。馴れ合いのままではミスが起きてしまう場合も多いですから、普段から上下関係をしっかりしておき、ほうれんそうを忘れずにコミュニケーションを取りましょう。プライベートでは今まで通り「●●さん」と呼び合っても良いので、仕事での付き合い方と、プライベートでの付き合い方をしっかり分けておく方が賢い付き合い方です。

会社で仲良くなった同僚を、愛称やあだ名などで呼ぶこともあると思います。社内ではそれを許している会社もありますが、一般的には、どんなに仲が良くても会社では「●●さん」と呼び合うのが基本。普段から愛称などでお互いを呼び合っていると、取引先に行ったとき、ついつい「●●ちゃん、これやって」などと言ってしまう場合がありますよね。仕事とプライベートの区別をしっかりつけ、社会人として恥ずかしくないよう対応してください。


このページの先頭へ

社会人一年生も、すでにたくさんの実戦経験を積んでいる方も、もう一度基礎からビジネスマナーを見直してみましょう。すっかり初心を忘れていることが多いかもしれませんね。派遣社員契約社員