履歴書の書き方

就職活動において、履歴書の書き方は重要です。 履歴書は自分自身をアピールするための重要なツールです。
履歴書に記載されている内容で第一印象が決まってしまうことも少なくありません。
また、採用面接は履歴書の記載事項を基に進められるのが基本です。
必要なことを書けば良いというのではなく、 どう書けば人事担当者の関心を引くことができるかを考え、丁寧に書くようにしましょう。

履歴書を書く時は、基本的に黒インクのボールペンか万年筆です。
崩し字は使わず、楷書で誰が見てもわかるように書きましょう。
もしも間違えた場合には、修正用の文具で直したりせず、新しい履歴書に書き直しましょう。

履歴書に入れる日付は、応募先に持参する時にはその当日、郵送であれば投函日を記載します。
写真は記載日から遡って3ヶ月以内のものを貼付します。
また、万が一剥がれ落ちた場合のことを考え裏に氏名を書いておきます。

学歴は、小学校、中学校は卒業年度のみ、高校以降は入学年度から記載します。
また、長期間続けたアルバイトがあれば記載しておくとアピールになる場合があります。
所持資格がある場合には、略称でなく正式な名称を記載しましょう。

そして志望動機は、人事担当者が大きく関心を寄せる欄です。
それまでの経験からやってみたい仕事や、採用されたらどんな仕事をしていきたいのかなどを自分なりの言葉で書きましょう。
また、それに関して予想される質問の答えをあらかじめ考えておくようにします。
自己PRや志望動機をしっかり書く自信があれば、別の便箋にまとめても良いでしょう。 ビジネスマナーを身につけていれば面接でも上手くいくでしょう。

履歴書の書き方

企業訪問や面接時の服装

面接のビジネスマナー

内定をもらったら?

スポンサードリンク